八光殿ブログ/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 八光殿ブログ

こんにちは、八光殿の廣藤です。
皆さん「ノーベル賞」は耳にしたことあるかと思いますが、
「イグ・ノーベル賞」はご存知ですか?
なんでもこの「イグ・ノーベル賞」
ユーモラスで独創的な研究に贈られるものらしいのですが、
今回「バナナの皮を踏むとなぜ滑るのか」を実験で解明した
北里大医療衛生学部の馬淵教授が受賞されました。
ものの滑りやすさの指標となる「摩擦係数」をバナナで調べた研究は今回がはじめて。
教授はこのバナナの摩擦低減の仕組みが,
関節の軟骨と共通点があるとみているそうです。
些細なことでも将来私たちの身に返ってくる思うと驚きを隠せないですね。

さて、今回9月20日に行われました、
八光殿セミナー「定年後のライフプランセミナー」のレポートをお伝えします。
今回講師としてお越しいただいたのは、
株式会社FPサーカス
ファイナンシャルプランナー 石川 洋(いしかわ ひろし) 様です。

DSC08563
講師の先生

まずファイナンシャルプランナー(FP)とは皆さんどのようなものか知っていますか?
仕事内容としては、ライフプラン・資産運用、住宅ローンの相談、老後の年金相談、
相続相談、リスク管理、セミナー講師などなど多岐に渡りますが、主に私たちの生活に関わる
お金にまつわるスペシャリストと考えるのが分かりやすいのかもしれません。

それでは、レポートをお伝えします。

唐突ですが・・・
皆さん「第2の人生(定年後)はどれくらいの時間があるか考えたことありますか?」

実は「10万2200時間」ほどあると考えていいそうです。
この時間私たちが40年間、8時間労働で働く時間よりも多くなります。
この多くの時間を無駄にしないためにも、
定年後のライフプランを見つめるのは非常に大切となってくるそうです。

それでは「定年後の生活にお金はいくら必要になるでしょうか?」
実は夫婦二人で生活する場合(夫65歳、妻60歳の場合)
定年後生活費として大体27万円ほど必要だそうです。
(ゆとりがある暮らしと考える場合は月35万必要と考えている方が多いそうです)
しかし年金はこれよりも少なく毎月赤字となってしまいます。
そしてこのお金が積み重なり、女性の平均寿命といわれる
86歳まで毎月この赤字がのしかかると莫大なマイナス金額になってしまうそうです。

また、ずっと健康とは限りません。
通院や入院または介護といった問題も出てきます。
そうなった際、夫婦どちらかにお金がかかりいざ自分の番になった際、
資金が足りない!!そういった問題も出てきます。

皆さんも一度ご自身の定年後に、
「いくら必要か?いくらの収入があるか?もしもの時に必要なお金は?」と
書き出してみるのが良いかもしれませんね。

では、「このお金をどのように捻出するか?」
やはり、働いているときからコツコツ貯蓄することが大切となってきます。
しかし、その貯蓄、少しポイントがありまして、貯めるだけではもったいないそうです。

例えば、
用途           期間               場所
食費や生活費    1~2か月後(短期)       通帳(流動性がある)
車や家の購入    1~3年後(中期)        積立貯金(安全性がある)
教育や老後資金    3~10年、15年後(後期)   資金運用(収益性がある)

上記のように用途・期間・によって全く異なる場所に納めるのが良いとのことでした。
しかし、日本人で多いのは長期にわたって貯蓄する資金運用を行う人がまだまだ少ないということ。
資金運用で「損」をする場合が多いという考えが根強いからだといわれています。

石井様いわく、「損」している人がいる一方「もうかっている」人がいるのも事実。
しかし、「儲かっている人」の場合声高らかに「儲かりましたー」と言わないため、
「損」している人が多いと誤解を受けやすいのだそうです。
定年後を見据えている方には、資金運用を考えることは非常に大切となってきますね。

次にご自身が入られている保険を一度見直されるのが良いということでした。
先ほどお話をがあったようにずっと健康でいられるとは限りません。
現に日本人の「がん」にかかる割合は男性2人に1人,女性2人に1人。

高額医療制度や負担金など制度は充実していますが、
先進医療に関しては全額ご自身で負担になってしまうそうです。
しかし、最近の保険には先進医療費を保険で
まかなえる特約が付属されている場合が多く掛け金もそこまで高くないそうです。
がんになる割合が高い分、そういった保険に関する特約も重要になってくるのだと思いました。

最後は相続のお話でした。
まだまだ相続に関して揉めるケースが多いため、
家族皆さんできちんとお話をすることが大切となってくるそうです。
「資産や財産がないからうちは大丈夫」と考えていると危険だそうですよ。
また、来年1月から相続税が改正されます。
今まで、相続税が必要でなかった方にもかかってくる場合があるそうで、
一度調べておいたほうが良いようです。

セミナーに参加された方々からは「ためになるお話を聞けて良かった」と、
大変満足されたご様子でした。
講師の先生と楽しく談話されたり、ご質問されていらっしゃいましたよ。

DSC08568 DSC08566
セミナーの様子
より充実した定年後生活を送るためにも、一度じっくり考えてみるのもいいかもしれませんね。

八光殿ではこのように皆様のためになるセミナーを開催致しておりますので
是非、お気軽にご参加ください。

八尾市の葬儀・お葬式・家族葬は
八光殿にお任せください。

友の会バナー4

ページTOPへ