八光殿ブログ/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 八光殿ブログ

こんにちは、八光殿の廣藤です。
今回は、「お盆」に関して、お話しさせて頂きます。

日本のお盆は、 仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)、祖先崇拝、農耕儀礼など
様々な風習が合わさって作られたと言われています。
「お盆」が始まったのは飛鳥時代。
その後江戸時代頃には民間行事として広まりました。
現在、東京都や一部の地域では 7月13日~16日頃に、
一般的には8月13日~16日頃の旧暦や月遅れで行われています。

お盆では、ご先祖の霊が家に帰ってこられるといわれ、13日に「迎え火」を焚きお迎えをします。
14~15日には、ご先祖様がお家で休まれているので、
宗教者様をお招きし、供養していただきます。
また、ご家族やご親戚様とともにお墓参りも行います。
16日のお帰りの際は「送り火」を焚きお見送りいたします。
「迎え火」「送り火」ともに
ご先祖様があの世からこの世へ来られる際、
またあの世に戻られる際に迷われないようにするためのものと言われています。
地域によっては、 キュウリとナスビに割り箸を刺した精霊馬などを飾るところがあります。
キュウリは馬に例え「早くこちらに帰ってこられるように」、
一方ナスビは牛に例え「あの世にゆっくりお戻りになるように」といった 意味が含まれています。
京都の「五山の送り火」、長崎の「精霊流し」など
有名なお盆のイベントと言われていますが、
「盆踊り」もお盆行事の一つ。
“霊をおなぐさめする”という意味が込められており、
昔は念仏を唱えながら踊っていたともいわれています。
お盆

お盆はお盆でもお亡くなりなられた方が四十九日を過ぎ、
忌明け後に初めて迎えるお盆を
「新盆・初盆(にいぼん・はつぼん)」などと呼び、盛大に供養します。
親戚の方々から提灯が送られ、祭壇横などに飾り、
御霊をお迎えするといったならわしがある地域もあります。
この提灯にも「迎え火」と同じく、
「迷わないように」という想いが込められています。

また、関西地方には「地蔵盆」と呼ばれる
子どもが主役となり、お地蔵様をお祭りする行事があります。
お地蔵さまは、村を守る役割、地獄の鬼から子供を救う役割、
また人々を救済する役割といった守り仏として信仰を集めました。
地蔵盆では、地域によって様々ですが、
地蔵尊の前に屋台を組んで花や餅などの供物をそなえ、
ゲームや福引きなどの遊びが行われているそうです。
8月 23、24日の地蔵菩薩の縁日を中心に行われていましたが、
地域やライフスタイルの変化に伴い
前後の土曜日から日曜日に行われる場合や、
1日だけしか行われない場合もあるそうです。
お地蔵さま

近頃は、送り火や迎え火をしなくなったご家庭、
地蔵盆に関しては、少子化の影響で地蔵盆自体が行われなくなるなど、
徐々に日本の行事に対する人々の関心が失われてきたように感じます。
「お盆」も「地蔵盆」も自分たちのご先祖様が
そのまたご先祖様から代々受け継いできたもの。
「お盆」「地蔵盆」と聞いて、
「何をする日?」となってしまっては少し寂しいですね。
続けていくことは大変なことですが、
無くしてしまうことはあっけなく簡単なもの。
ぜひ、一度これらの行事に関して考えてみてはいかがでしょうか?
自分自身と向き合いご先祖様や日本人の風習など、
様々なきっかけを知ることができるのではないでしょうか。
image1 (1)
迎え火の様子

八尾市・大東市・四條畷市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4

ページTOPへ