八光殿ブログ/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 八光殿ブログ

こんにちは、八光殿の廣藤です。

新しい年の始まり、年始に親戚やご友人、会社関係の方々に
「年賀状」を送られる方も多いのではないでしょうか。
だいたい12月中旬頃にご準備を始められる方もいらっしゃるかと思います。

しかしその年、ご家族にご不幸があった場合は、
年賀状を控えることを伝える年賀欠礼の意味で「喪中はがき」を送ります。
相手様が年賀状を書き始める時期に間に合うようにと言われており、
12月上旬頃に相手様に届くように11月頃にはご準備を始めます。

≪喪中はがきを作成するにあたって≫
喪中はがきは、一般的に2親等のご親族様が亡くなられた場合に
作成すると言われていますが、
2親等以外のご親族様の場合でも喪中はがきを送られる場合もあり
ご家族様とご相談されると良いかもしれませんね。
家系図

では、どのように書いたら良いか喪中はがきの例を記させて頂きます。

①喪中を知らせる言葉

喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます

喪中につき新年のご挨拶を失礼させて頂きます

②亡くなられた方との続柄・亡くなられた方のお名前、年齢、亡くなられた月の記載

去る〇月(お亡くなりになられた月)

 (続柄)八光 太郎(亡くなられた方のお名前)

  〇〇歳(亡くなられた方の年齢)にて逝去いたしました

③本年中のお世話になったことへの感謝と新年のお付き合いをお願いする文章

本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますと共に

 明年も変わらぬご交誼を賜りますようお願い致します

④相手の方に届く月を記載

平成二十八年 十二月

⑤差出人ご住所・お名前
 お名前は連名でも問題ありません。
IMG_1628

簡略化し、

喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます

本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますとともに

明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます

平成二十八年 十二月 と、お書きしても問題ないかと思います。

また喪中はがきが送れておらず、
お正月に年賀状が届いた場合は、「寒中見舞い」として
喪中で年賀状が送れなかった旨を伝えましょう。

近年年賀状や喪中はがきはインターネットやSNSにて作成できる、
また代行して頂けるといった新しいサービスができ
以前より作りやすい環境が出来ています。
年賀状・喪中はがきは人と人とを繋ぐ手段の一つでもあります。
年末何かと忙しい時期となりますので、
お早めにご準備してみてはいかがでしょうか。
IMG_1627

喪中はがきに関してご不明な点などございましたら
ぜひ八光殿までご相談ください。

喪中はがきに関して動画でより詳しくご説明させて頂いております。
ぜひ、ご覧ください!!

「お葬式マナー講座~喪中はがき編~」

こ ち ら

八尾市・大東市・四條畷市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4

 

ページTOPへ