八光殿ブログ/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 八光殿ブログ

月別アーカイブ: 11月 2016

こんにちは、八光殿四條畷 大東葬祭の小森です。

ここ数年、ランニングがブームになっていますね。
早朝や仕事終わりに走られる方や、休日に公園で走られる方など
ランニングを楽しむ方をよく見かけます。
そんな中、先日八光殿四條畷の近所でも
大東市・大東市教育委員会主催の「だいとう河内街道マラソン」が開催されました。
晴天に恵まれた当日は、小学校の部・中学校の部・一般の部・ファミリーの部などに分かれ、
それぞれの距離に応じたマラソンを楽しまれている姿を拝見しました。
今回は、走らずに陰ながらマラソンを応援させて頂きましたが、
私も少しずつランニングを始め、いつかはマラソンにチャレンジしてみたいなと思いました。

さて、今回は12月17日に八光殿四條畷にて開催いたします
「クリスマスリース体験教室」をご紹介させていただきます。

今年も残すところあと1か月半となりました。
街中ではクリスマスソングが流れたり、大きなツリーが設置されていたりと、
クリスマスの準備が始まっていますね。

そんなこの季節、八光殿四條畷では
今年も「クリスマスリース体験教室」を開催させていただきます。

DSC06645 DSC06609
以前のセミナーの様子

講師には、International Teachers of Floristry を修了された
フラワーショップBe Five Tenの梅垣稔様をお迎えいたします。

1

モミや木の実を使ってオリジナルのクリスマスリース作りが体験できますので
ご家族やお友達とのご参加はもちろん、お一人様でもお気軽にご参加下さい!

尚、大変人気のセミナーとなっておりますので、
参加いただける方を抽選で決めさせていただきます。

12月10日までにお申し込みいただいた方の中から厳正なる抽選の上、
当選された方にのみご連絡させていただきます。

八光殿セミナー「クリスマスリース体験教室」
日時:平成28年12月17日(土)10時~11時
場所:八光殿四條畷(住所:四條畷市中野2-2-26)
定員:40名(予約制)
申込:0120-66-8510
   (※ 参加は抽選となりますので、12月10日までにお申し込み下さい。)

 

大東市・四條畷市・門真市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4

こんにちは、八光殿の廣藤です。

新しい年の始まり、年始に親戚やご友人、会社関係の方々に
「年賀状」を送られる方も多いのではないでしょうか。
だいたい12月中旬頃にご準備を始められる方もいらっしゃるかと思います。

しかしその年、ご家族にご不幸があった場合は、
年賀状を控えることを伝える年賀欠礼の意味で「喪中はがき」を送ります。
相手様が年賀状を書き始める時期に間に合うようにと言われており、
12月上旬頃に相手様に届くように11月頃にはご準備を始めます。

≪喪中はがきを作成するにあたって≫
喪中はがきは、一般的に2親等のご親族様が亡くなられた場合に
作成すると言われていますが、
2親等以外のご親族様の場合でも喪中はがきを送られる場合もあり
ご家族様とご相談されると良いかもしれませんね。
家系図

では、どのように書いたら良いか喪中はがきの例を記させて頂きます。

①喪中を知らせる言葉

喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます

喪中につき新年のご挨拶を失礼させて頂きます

②亡くなられた方との続柄・亡くなられた方のお名前、年齢、亡くなられた月の記載

去る〇月(お亡くなりになられた月)

 (続柄)八光 太郎(亡くなられた方のお名前)

  〇〇歳(亡くなられた方の年齢)にて逝去いたしました

③本年中のお世話になったことへの感謝と新年のお付き合いをお願いする文章

本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますと共に

 明年も変わらぬご交誼を賜りますようお願い致します

④相手の方に届く月を記載

平成二十八年 十二月

⑤差出人ご住所・お名前
 お名前は連名でも問題ありません。
IMG_1628

簡略化し、

喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます

本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますとともに

明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます

平成二十八年 十二月 と、お書きしても問題ないかと思います。

また喪中はがきが送れておらず、
お正月に年賀状が届いた場合は、「寒中見舞い」として
喪中で年賀状が送れなかった旨を伝えましょう。

近年年賀状や喪中はがきはインターネットやSNSにて作成できる、
また代行して頂けるといった新しいサービスができ
以前より作りやすい環境が出来ています。
年賀状・喪中はがきは人と人とを繋ぐ手段の一つでもあります。
年末何かと忙しい時期となりますので、
お早めにご準備してみてはいかがでしょうか。
IMG_1627

喪中はがきに関してご不明な点などございましたら
ぜひ八光殿までご相談ください。

喪中はがきに関して動画でより詳しくご説明させて頂いております。
ぜひ、ご覧ください!!

「お葬式マナー講座~喪中はがき編~」

こ ち ら

八尾市・大東市・四條畷市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4

 

こんにちは、八光殿の上田です。
近頃は、身の回りの容器が
どんどん使いやすくなっていますよね。
例えば、花王“エッセンシャル”のシャンプーや
コンディショナーの詰め替え容器。
コンパクトな形だけでなく、
簡単に詰め替えが可能な設計になっているそうです。
他にも、日清の“薄力小麦粉フラワー”からは
小容量のボトルタイプが発売され、
ちょっと使いたい際には片手で簡単に振りかけられます。
小さいことですが、とても便利ですよね。
今、こうした使いやすい容器がどんどん開発されているそうです。
今後どんな容器が出てくるか楽しみですね。

今回は、11月18日に八光殿南植松にて開催致します、
「エンディングノートの書き方」
セミナーに関してお話しさせて頂きます。

“エンディングノート”は自分の意志や
思いを伝えられなくなった時のために、
お葬式や相続などの希望を書き残しておくノートとして、
近年注目を集めてきました。
テレビや情報誌でもこの“エンディングノート”は取り上げられ、
書店などでお買い求めされた方も多いのではないでしょうか。

しかし、購入された方の中には、
「途中で書くのをやめてしまった」と言うお話しも耳にします。

そこで今回の八光殿セミナーでは、
八光殿オリジナルノート『未来創造ノート』を基に
エンディングノートを書き進めるポイントやコツを
八光殿南植松スタッフよりお話しさせて頂きます。

今回使用する『未来創造ノート』では、
自分の思いを記しておくだけでなく、
これまでの人生を振り返り、
今後の人生をどう生きていくか考えることができるノートとなっております。
IMG_2497
セミナーにご参加頂いた皆様には、
こちらの『未来創造ノート』を進呈させて頂きます。

興味のある方をはじめ
途中で挫折してしまった方など
このセミナーをきっかけに“エンディングノート”を始めてみませんか?
セミナーの様子
セミナーの様子

「エンディングノートの書き方」
日 時:平成28年11月18日(金) 10:00~11:00

場 所:八光殿南植松(八尾市南植松町4-141)

定 員:20名(先着申込順)

電 話:0120-39-8510

費 用:無料

リエラ八尾南外観
八光殿南植松

大人気のセミナーとなっておりますので、
ご希望の方はお早めにご予約下さい。

八尾市の葬儀・お葬式・家族葬は
八光殿にお任せください。

友の会バナー4

 

ページTOPへ