八尾・大東・四條畷・門真・東大阪のお葬式/ご葬儀は八光殿

八光殿

お電話でのお問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル0120-24-8510
24時間・365日 夜間対応
24時間・365日/夜間対応 フリーダイヤル0120-24-8510
お問い合わせ

新着情報

【お葬式コラム】2018年の「六曜」について

コラム2017.12.29

こんにちは、八光殿の廣藤です。

私たちの生活では、
まだまだ昔の名残と言うものが根強く存在しております。
その一つに
『六曜(ろくよう)・六曜星(ろくようせい)』の考え方があります。
六曜とはカレンダーの中に書かれてある
「大安」「仏滅」「友引」といった六種の日のことを言います。

鎌倉時代から室町時代にかけて
中国から日本へ伝わったと言われる「六曜」ですが、
実際使われるようになったのは幕末であったそうです。

「六曜」は明治時代に導入された
現在のカレンダーに使用されている
「七陽(しちよう)」(月・火・水・木・金・土・日)と区別するために
「六輝(ろっき)」と呼ばれることもあります。

「六曜」には
「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の六種類があり、
これらは
「先勝」⇒「友引」⇒「先負」⇒「仏滅」⇒「大安」⇒「赤口」
の順番で繰り返されます。
また旧暦月の1日(朔日)は下記のように定められています。
六曜起点日

その為、毎日順番に六曜を並べても
旧暦の毎月1日(朔日)には順番がリセットされ、
定められた六曜から新たに繰り返されます。

「六曜」に関しては、
以前にもお葬式コラムでご紹介させて頂いております。
六曜のそれぞれの意味は下記をご覧ください。
↓↓
【お葬式コラム】
お葬式を考える前に!!知っておくと便利な「六曜」に関して
こちら

現在でも慶事ごとの際は仏滅を避ける、
お葬式の日の友引は避けるといったように
まだまだ冠婚葬祭において「六曜」を
気にされる方も多くいらっしゃいます。
何か物事を決める際は
周囲の方とご相談し決めるのが良いかもしれませんね。

2018年「六曜」一覧表
六曜1月~3月(2018年) 六曜4月~6月(2018年)

六曜7月~9月(2018年) 六曜10月~12月(2018年)

八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4