ご葬儀エピソード/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら

ご葬儀エピソード

当社がお手伝いさせて頂いたご葬儀エピソード

故人様の好きなチョコレートのケーキを購入
葬儀エピソード1 葬儀当日が故人様の誕生日ということを葬儀の打ち合わせ時にお聞き、故人様の好きなチョコレートのケーキを購入致しました。
御家族様にローソクを付けて頂きお孫様にローソクを消して頂きました。その際、式場内を暗転し、ローソク点火とともにバースデーメロディーを流させて頂きました。 お葬儀という場ではありますが、最後にご家族様全員でお祝いできたことを涙を流してお喜びになられておられました。
またその際おとりさせて頂いたお写真を骨安置時にお渡しさせて頂きお喜び頂いております。
奥様への想いを込め赤いバラの花束をプレゼント
葬儀エピソード2 お葬儀の打ち合わせの際、結婚以来18年間毎年欠かさず奥様の誕生日と結婚記念日に赤いバラの花束をプレゼントしていたとお伺いしました。
そこで旅立たれる奥様に感謝の気持ちと奥様への想いを込め、奥様の遺影写真の周りを37本の赤いバラで飾らせて頂く事をご提案させて頂きました。
また、故人様のお人柄や喪主様や息子様の故人様への想いをナレーションにて伝えさせて頂いたところ大変お喜び頂きました。
故人様の好きだったお酒をお供え
葬儀エピソード3 故人様は、お酒が好きとの事でした。中でも「剣菱」というお酒を日頃から愛飲されていたというお話をお聞きしましたので、当社で購入し、故人様へお供えしました。
また、故人様は生前ご友人とお酒を酌み交わすことが大好きだったということをお聞きし、式場のメモリアルコーナーにグラスとお猪口をいくつか用意し、「○○様とお酒を酌み交わしてください」「熱燗をご希望の方はお近くのスタッフまでお声をかけてください」という紙を貼り、参列の方についでもらいました。また、希望される方は献杯してもらい、ついだ方にも飲んでもらいました。
お孫さんからの手紙
葬儀エピソード4 故人様がお孫様をとても可愛がっておられたとの事でしたので、喪主様には内緒で、お孫様に故人様への手紙を書いてもらいました。
また、作成頂きました手紙を葬儀式の中で拝読していただく時間を作り、お孫様に読んでもらいました。
会社の前を通って出棺
葬儀エピソード5 故人様が会社の創業者だったので、ご自宅から八光殿へ行くときに、ご遺族様に了解を得て、会社の前を通らせていただきました。
また、事前に社員の方に連絡をし、到着時間を伝え、整列してもらうよう依頼致しました。
出棺のお手添えを男性だけではなく、女性にも案内
葬儀エピソード6 故人様への想いが強く、ずっと棺のそばにいらっしゃった女性(故人様の娘様)がいらっしゃいました。
そこで、出棺時もずっと故人様の近くにいらっしゃるほうがいいと考え、出棺時の手添えをその方にお願いしました。 通常お葬式では、出棺の際に男性が棺のお手添えをする事が多く、これは日本でお葬式が始まってからずっと男性がお手添えをしてきたという慣習もありました。 しかし、棺に手を添えて故人様の重みを娘様に感じて頂くことで故人様とのお別れができると考え提案致しました。
その時だけは、出棺のお手添えを男性だけと限定せず、親族皆様に声を掛け、霊柩車まで、お手添えしてもらいました。
  • 八光殿エリア選択
  • 八尾エリア
  • 四条畷・大東エリア
  • 東大阪エリア
  • お急ぎの方はこちらから
  • 事前相談はこちら
  • 無料資料請求はこちら
  • お葬式の流れ
  • お葬式後の流れ
  • お葬式のマナー
  • よくあるご質問
  • ご相談サロンのご案内
  • 追加料金0円システム
  • 八光殿3大安心制度
  • スタッフブログ
  • 八光殿コーポレートサイト
  • 八光殿お葬式紹介制度
  • 物故者追悼式
ページトップへ戻る