八光殿ブログ/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 八光殿ブログ

もうすぐ7月7日、「七夕」です。
七夕というと織姫、彦星伝説が有名ですね。
いつもは、天の川にはさまれ、離れ離れになってしまっている二人が1年に1度会える日。
また、願い事を書いた短冊を笹の葉につるし庭などに飾ってお祝いします。
最近では「恋愛成就にご利益が…」とも言われ、
女性やカップルから注目を集めている七夕祭りなどもあるそうです。

織姫彦星
そんな年中行事の一つである「七夕」ですが、
実は中国・日本の風習、神事・仏事といった様々な要因が合わさって
出来上がった行事ということをご存知でしたか。

今回は「七夕」と宗教儀礼の関わりについてご説明させて頂きます。
先程もお話ししたように、「七夕」は
牽牛(彦星)と織女(織姫)の星伝説に基づき、もともとは中国から伝わりました。
また、中国には「乞巧奠(きこうでん)」という、
7月7日に織女星にあやかり、はた織や裁縫が上達するよう祈願した行事がありました。
この「星に願い事をする行い」も日本へ伝わってきました。

短冊願い事

話しは変わって、もともと日本には「棚機(たなばた)」と呼ばれる神事行事がありました。
この神事は秋の豊作祈願の一種で、神様に捧げる着物を織るもの。
この着物を織る役目に選ばれた少女を「棚機女(たなばたつめ)」と呼び、
その時、使われる織り機は「棚機(たなばた)」と呼ばれていたそうです。

中国から伝来した風習が日本に浸透した背景には、
「織物をする女性」といった日本独自の風習と
共通部分があり馴染みが持てたからともいわれています。
また、飛鳥時代に仏教が伝わったことで、
「お盆を迎える準備」として、旧暦7月7日の夜に行われるようになりました。
これを七日盆と言います。
仏教祭祀に使われる仏具の中に「棚幡(たなばた)」と言われるものがありますが、
「七夕」はこの「棚幡(たなばた)」から由来したとも言われています。

こうしたいくつもの中国・日本の風習、行事が合わさり
江戸時代頃には現在の「七夕」の形となったと言われています。

現在七夕は一般的に7月7日ですが、
旧暦7月7日に行うところ、また月遅れの8月7日に行うところなど、
地域により日にちは様々となっております。
しかし、根底には農耕儀礼、祖先崇拝、自然崇拝などといった
宗教儀礼や人々の想いがある行事と考えられます。

笹飾り

近頃は、「宗教離れ」という言葉を耳にするようになりました。
しかし、こういった年中行事をみると、
いかに日本人の生活が神事・仏事と関わりながら形成されてきたかがよく分かり、
自分たちを知る良い機会になるかと思います。
なかなか「宗教」に関して興味がもちにくいと思われる方も
自分たちの関わる行事や生活といったところから、
「宗教」に関して興味を持ってみては、いかがでしょうか。
あなたの街の葬儀社

友の会バナー4

ページTOPへ