こんにちは、八光殿の廣藤です。

12月も終盤。
年末になると「大そうじ」を始める方もいらっしゃるかと思います。
さて、皆さんこの「大そうじ」の由来をご存知ですか。
今回は「大そうじ」を始め
「大晦日」と言った年末に行われる行事に関してお話し致します。

まずは、皆さん毎年悩まされる「大そうじ」
日頃から毎日コツコツお掃除が出来ればいいのでしょうが、
なかなかそう上手くいかないものが現実。

実はこの「大そうじ」は別名「煤払い(すすはらい)」と言う
呼び名があることをご存知でしょうか。
「煤払い」は平安時代頃には既に行われており、
新年を迎える準備の為、
一年間にたまった埃や穢れをはらう儀式的な行事でした。
江戸時代頃はお正月の準備を始める日
「正月の事始め(ことはじめ)」と言われた
12月 13日に行われていたそうです。
12月中旬頃になると神社や寺院などでは
笹で作られた箒を用いて行っている所などもあり
ニュースなどでよく目にしますね。
「大そうじ」は正月休みを迎える年末に行われる方が多いかと思います。
普段なかなか掃除ができない箇所を念入りに綺麗にしたいものですね。
image1 (2)
大そうじの際は神棚のお掃除も忘れず、
古くなったお飾りも新しくします。

さて、そもそも「大そうじ」をして迎える「正月」とは一体何か。
皆さんご存知「正月」は一年のはじまりです。
また新しい年を祝い、その年の五穀豊穣を祈る
重要なお祝いの月と考えられています。
神道では、その年の新しい神様(年神様)が家を訪れ、
1年の幸いを授けてくれると考えられており、
そんな年神様をお迎えする「正月」は
年中行事の中で特別な行事だそうです。

日本では、年神様をご家族揃ってお迎えするために
12月31日「大晦日」からは一晩中起きている風習があります。

大晦日の寺院などでは、
108回の「除夜の鐘」がつかれます。
仏教の考え方の中では「108」と言う数字が
人間の煩悩の数だと言われており、
この煩悩を祓うために107回を12月31日に、
残り1回を年が明けてからつくと言われています。

また、「大晦日」の食べ物には蕎麦があります。
大晦日に食べる蕎麦「年越しそば」
蕎麦の形状「細く長く」から
「健康」「長寿」「幸福」を願ったものでした。
また、そばは切れやすいことから
今年1年の災いを断ち切ると言う意味もあったと言われています。
「年越しそば」は大晦日に食べますが、
地域によっては元旦に食べる所もあるそうですよ。

地域によっては、若干異なる場合もありますが、
新たな年を迎えるお正月は1年の幸福、
健康を祈る大切な行事と言うことは間違いありません。
そして、大切な行事であるお正月に向けて準備する12月行事。
ぜひ、今年は本来の意味を理解し
本来の日本の伝統、文化を受け継いでいきたいですね。
12月行事の本当の意味

八尾市・大東市・四條畷市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4

ページTOPへ