八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市のお葬式・ご葬儀、家族葬は八光殿

新着情報

【お葬式コラム】ぬくもりあふれる、新潟県の素敵な風習

コラム2020.03.15

日本の米どころ、新潟県の佐渡を中心とする地域では、お葬式の際に、新潟県産のお米で作ったおにぎりと、煮しめのセットが出されるそうです。これは「出馬のむすび」といわれています。さらにお通夜にお米を持ってくるというしきたりがある地域もあるようです。新潟県の人々は、昔からお米を大切にし、あの世へ行く人も、故人を見送る人も、お米を食べて精をつけよう、という想いが込められているそうです。国内有数の米どころならではの風習ですね。

また、新潟県の農村部などでは、出棺の際に、鳥を空へ放ったり、魚を川などに逃す「放生(ほうじょう)」という風習があるそうです。これは、仏教の儀式「放生会(ほうじょうえ)」を元に、殺生を戒め、善行を行うことで、故人があの世で少しでも良い思いができるようにという、親族の願いが込められていると言われます。


他にもめずらしいとされているのが、火葬の後に、白いロウソクを赤いロウソクに変えるという風習です。これは、「故人が仏さまになったのはおめでたいこと」という意味や、縁起が良いとされる「赤」に変えることで、「お葬式の後は縁起がよくなるように切り替える」という意味など、諸説があるそうです。


このように、新潟県では、故人や生きとしいけるものを大切に思う気持ちが込められた独自の風習が根付いていて、心がほっとあたたかくなりますね。

八尾市・大東市・四條畷市・門真市
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。





花のやすらぎ会員

葬儀後のアフター

  • 法事・法要のご案内
  • 感謝の遺品整理

ご参列の方へ

  • 供花のお申し込み
  • お葬式のマナー(動画解説)
  • LINE/八光殿LINE@友だち募集中
  • facebook
  • 葬祭サービス安心度調査18年連続最高評価「トリプルA」認定
  • 日本儀礼文化調査協会JECIA「5つ星格付葬儀会社」認定
  • 日本CSホスピタリティ協会「CS認定企業」
  • MBMマスターオブビジネスマナー資格を有する企業 認定
  • 経済産業省創設「おもてなし規格認定2019」登録認定
  • CPI

24時間・365日専門スタッフ対応

八光殿

© 2017 hakkoden, Inc. All rights Reserved.