八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市のお葬式・ご葬儀、家族葬は八光殿

新着情報

最後のお別れまでは、生前のように・・・高知県のお葬式

コラム2020.10.29

お通夜やお葬式は、ご遺族の方々が故人とのお別れをする儀式です。

通常は、仏衣を着せ布団に寝かせて、枕飾りなどをして黄泉路へと旅立つ準備をすることで、

ご遺族の方は心の準備をしていくのですが、高知県では、こうしたものとは少し違う形で、

故人とのお別れをするようです。

 

高知県の一部地方では、納棺の時まで故人を「生きている人」としてお世話をします。

生前に使っていた布団寝かせ、3度の食事も家族と同じものを用意し「一緒に食べましょう」と声をかけます。

また、出棺前の夜は家族がご遺族と添い寝をすることもあるようです。

さらに、土佐などではこうした風習を「養生見舞い」と呼び、故人が亡くなったのではなく

病気になったとして、お見舞いに栄養価の高い食事を出すそうです。

 

 

誰しも、お通夜・お葬式の際は、「もう一度個人に目を開けて欲しい」「もう一度話したい」と思うもの。

亡くなってしまった方は帰ってこない、それは分かっているのですが、それを認めてしまうのは

やはり心苦しいものです。

そうした胸の辛さをストレートに表現する高知の風習は、やはり少し物悲しく、

また大いに共感できるものではないでしょうか。

 

 

 

 

葬儀後のアフター

  • 法事・法要のご案内
  • 感謝の遺品整理

ご参列の方へ

  • 供花のお申し込み
  • お葬式のマナー(動画解説)
  • LINE/八光殿LINE@友だち募集中
  • facebook
  • Instagram
  • 経済産業省創設「おもてなし規格認定2019」登録認定
  • 八尾市認定 登録番号 第25-026号
  • 葬祭サービスガイドライン遵守事業所
  • 葬祭サービス安心度調査18年連続最高評価「トリプルA」認定
  • 日本儀礼文化調査協会JECIA「5つ星格付葬儀会社」認定
  • MBMマスターオブビジネスマナー資格を有する企業 認定
  • 日本CSホスピタリティ協会「CS認定企業」
  • CPI

24時間・365日専門スタッフ対応

八光殿

© 2017 hakkoden, Inc. All rights Reserved.