八尾・大東・四條畷・門真・東大阪のお葬式/ご葬儀は八光殿

八光殿

お電話でのお問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル0120-24-8510
24時間・365日 夜間対応
24時間・365日/夜間対応 フリーダイヤル0120-24-8510
お問い合わせ

初めての方へ

1 もしもご不幸がおきたら

病院で亡くなられた場合

まず、八光殿にご連絡ください。24時間365日対応しております。

  • 故人様の氏名、ご入院されている病院の名称、お電話をいただいた方の氏名、連絡先をお伝えください。
  • 寝台車で病院までお迎えにあがります。
ご自宅で亡くなられた場合

まず、かかりつけのお医者様もしくは警察へ連絡してください。

  • 往診してもらっているお医者様がいれば来ていただき、死亡が確認されれば死亡診断書を発行していただきます。
  • お医者様の診察を受けておられない場合は、警察に連絡し、検視を受けてから死体検案書をお医者様からもらいます。
    ※警察の指示があるまで、ご遺体を動かしてはいけません。

2 ご遺体の安置

ご自宅に安置する場合

ご遺体をご自宅に迎えます。

  • 寝台車でご遺体をご自宅にお連れした後、寝具に寝かせます。
  • ご遺体は、北枕もしくは西枕でご安置します。
    ※宗旨・宗派により異なります。
  • 枕飾り等の仏具は弊社でご準備いたします。

神棚封じを行います。

  • 神棚の戸を閉め、白紙を貼ります。

表に忌中の掲示をします。

  • 弊社係員が持参いたします。近年では、防犯上の観点より忌中紙を貼らない場合があります。
葬儀式場に安置する場合

八光殿では、24時間365日ご自宅には帰らずに、直接お越しいただけるお部屋をご準備いたしております。

  • 最近では、葬儀式場に直接安置する場合も増えております。

3 宗教者様への連絡

宗教者様に連絡します。
  • まず一報を入れ、故人様の氏名、安置場所を連絡し、仏式の場合は枕経に来ていただくように依頼します。
  • 枕経の際には、服装は地味なもので、念珠を準備しておきましょう。
宗教者様と日時等の打ち合わせをします。
  • 通夜、お葬式、お骨上げ、初七日法要などの日程を決定します。
    (火葬場・式場等の都合にもよります。)
  • 宗教者の人数などを決定します。
  • 特に戒名や院号に希望がある場合、その事を依頼しておきましょう。
    先祖の位牌を参考にお考えください。

4 お葬式内容の決定

喪主様を決定します。
  • 一般的には、故人様と最も近親の方が喪主様を務めます。
  • 喪主様はお葬式の主催者様です。
    遺族代表として弔問を受けなければなりません。
    また納骨・年忌法要なども責任を持って務める必要があります。
通夜・お葬式を行う場所を決定します。
  • 八光殿、ご自宅、お寺、集会所など、ご希望に応じた式場をお選びください。
お葬式の内容、規模を決定します。
  • 故人様の地位、格式、弔問人数などを元に お葬式の内容や規模を決定します。
  • 専属の担当者がお伺いしますのでお葬式に関するご要望をご遠慮なくお伝えください。
遺影の原版をご用意ください。
  • 故人様が、鮮明に写った写真をご用意ください。
  • 紋付、モーニングなどに着せ替えもできますが、普段着の写真を飾る方も増えております。

5 関係者様への連絡

通夜・お葬式の日時・場所が決定したら親類や友人に連絡します。
  • 特に親しかった人には、直ちに知らせます。
  • 会社関係については、上司など中心となって連絡してもらえる方に依頼するとよいでしょう。

6 納棺

故人様の愛用品を御棺に入れます。
  • 御棺には故人様がご生前に愛用されていた品物を一緒に入れます。
    ※火葬場によって異なりますが、副葬品としてお入れできないものがあります。
    弊社係員にご相談ください。

7 通夜

読経と焼香
  • 宗教者様の読経中に焼香の案内をさせていただきますので喪主様から順に焼香していただきます。
  • 読経終了後、引き続き宗教者様から法話などがある場合があります。
    ※宗旨宗派や地域により異なります。
お葬式の準備
  • 焼香順位の作成、弔電の整理を行いましょう。
    ※読み間違いのないように、ふりがなをお願いいたします。
  • 精進落とし(仕上げ料理)などの数量の確認を行いましょう。
通夜の意

本来、通夜は故人様の枕元で、親しい人々が故人様のご遺徳を偲び、思い出を語りながら、夜を通して(徹夜)線香のお守りをしたものですが、最近では、宗教者様の読経に合わせて、焼香して帰るような風習になっております。

8 葬儀告別式

式次第
  • ①参集 写真撮影
  • ②お葬式の流れのご説明
  • ③開式(宗教者読経)
  • ④弔辞・弔電の拝読
  • ⑤遺族・親族の焼香
  • ⑥会葬者焼香
  • ⑦閉式

※葬儀の規模、宗旨宗派や地域の習慣により、内容が異なる場合があります。

9 お別れ・出棺

最後のお別れをします。

  • 喪主様から参列者様にお礼の挨拶を述べます。
    司会者が代行させていただく事も可能ですので、係員にご相談ください。
  • 供えられていたお花をお切りし、御棺に入れていただき、お別れをします。
  • お別れが済みましたら、御棺を近親者様の手により霊柩車にお乗せし、火葬場へ向け、 出棺いたします。

10 火葬と精進落とし

火葬場で納めの式を行います。
  • 宗教者様の読経が始まったら焼香または最後の対面をします。
    ※火葬場により作法が異なります。
精進落とし(仕上げ料理)
  • 喪主様がお礼の挨拶を述べ、故人様を偲んで精進落としを行います。
やめよう飲酒運転

弊社では、車を運転される方や未成年の方への酒類の提供は行いません。

11 お骨上げと初七日

火葬の後、お骨上げをします。
  • お骨上げの作法やお骨箱などは、火葬場や地域の風習により異なります。
分骨について
  • ご遺骨の一部を別のお墓に埋葬する事を分骨と言います。
  • あらかじめ分骨する事が決まっている場合は、その旨を弊社係員にお伝えください。
    お骨箱や分骨証明書などの準備が必要になります。
初七日法要
  • 初七日法要は、亡くなった日、もしくは亡くなった日の前日から数えて七日目に行いますが、最近ではお葬式の日に行うことも多くなりました。
    ※地域により異なります。
  • 八光殿では、初七日法要を営むお部屋を完備しておりますので、移動の手間を掛けずに初七日法要が行えます。

1 あいさつ回り

お葬式後、または翌日に喪主様もしくはご遺族様が、ご近所へあいさつ回りに出向き、受付など協力していただいた御礼を申し述べます。
服装は略礼服か地味な平服が良いでしょう。
一般の参列者には会葬礼状で、ご挨拶と御礼にかえておりますので、改めて出向く必要はありません。
また、故人様の勤務先にもご挨拶に出向くと良いでしょう。

2 御仏壇

御仏壇にはご本尊をお祀りし、日常の礼拝を行ったり、故人様の御位牌や過去帳などを安置し、供養を行います。
御宗派により、仏具などは異なります。
御仏壇の購入時期は、特に決まりがありませんが、一般的には、満中陰(四十九日)法要や一周忌法要など、故人様やご先祖様をお偲びするのにふさわしい時期に購入する場合が多いです。

3 満中陰

お香典のお返しは、満中陰(四十九日)法要のあとに、忌明けの報告と御礼をかねて行います。
その際には、香典額の2分の1から3分の1程度の品物に、礼状を添えてお返しするのが一般的です。
最近では、お葬式の当日にお返しする「即日返し」が多くなっております。

4 お墓

お墓の購入時期も特に決まりがありません。
仏壇と同じく、故人様やご先祖様をお偲びするのにふさわしい時期に購入する場合が多いです。

5 納骨

納骨の時期については、特に決まりはありませんが、一般的には満中陰(四十九日)・百ヶ日・一周忌の法要などに合わせることが多いですが、地域の風土習慣により様々です。
お墓にご遺骨を埋葬するときや、納骨堂にご遺骨を収蔵するときには、埋火葬許可証が必要となります。

6 喪中ハガキ

喪に服するという意味から近親者を亡くされた場合は、年賀状を差し出すのを控えます。
その場合に喪中ハガキの挨拶状を送ります。
ハガキの内容には、「いつ」「誰が」亡くなったのかを記載し、12月初旬に到着するようにします。

お葬式後の儀式

仏式

仏教の供養とは、故人様がお亡くなりになられた日(もしくは前日)から七日ごとに行います。
初七日・二七日・三七日・四七日・五七日・六七日・七七日と続き、七七日目が満中陰となります。
満中陰は、近親者や親しい友人などを招き、僧侶に読経をいただき、忌明けの会食をします。
また、満中陰の日が3か月に渡る場合は、五七日目の日(三十五日)に切り上げて満中陰を行う場合もあります。

神式

神道では霊前祭と祖霊祭を営みます。
霊前祭は、お葬式の翌日に「翌日祭」を行い、以後お亡くなりになられた日から十日ごとに十日祭・二十日祭・三十日祭・四十日祭五十日祭まで行います。
五十日祭が、節目となる大切な祭儀となり、その後、百日目には百日祭、1年目には一年祭を行います。

キリスト教

キリスト教では、カトリックもプロテスタントも特に決まった日に追悼儀礼を行うしきたりはありません。

一般的な法要の流れとなります。宗派も色々とありますので、宗教者様に確認をしてください。
最近は、集まる人の都合を考えて、土・日・祝祭日に法要が行われることが多くなっております。
法要の日程を変更する場合は、必ず宗教者様とご相談してから決定するようにしてください。

お葬式後のお手続き関係

お葬式後に行わなければならない手続きとして、故人様名義の預貯金・公共料金の名義変更・健康保険の手続き・年金の手続き・生命保険の請求など、様々にあります。
詳しくは、関係機関にお問い合わせをするか、八光殿にご相談ください。