大阪のお葬式・ご葬儀八光殿のお葬式の流れ

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. お葬式の流れ

お葬式の流れ

お葬式の流れ

  • もしもご不幸がおきたら…
  • icon
  • ご遺体の安置
  • icon
  • 宗教者様への連絡
  • icon
  • お葬式内容の決定
  • icon
  • 関係者様への連絡
  • icon
  • 納棺
  • icon
  • 通夜
  • icon
  • 葬儀告別式
  • icon
  • お別れ・出棺
  • icon
  • 火葬と精進落とし
  • icon
  • お骨上げと初七日

01もしもご不幸がおきたら…

病院で亡くなられた場合

まず、八光殿にご連絡ください。24時間365日対応しております。

・故人様の氏名、ご入院されている病院の名称、お電話をいただいた方の氏名、連絡先をお伝えください。

・寝台車で病院までお迎えにあがります。

ご自宅で亡くなられた場合

まず、かかりつけのお医者様もしくは警察へ連絡してください。

・往診してもらっているお医者様がいれば来ていただき、死亡が確認されれば死亡診断書を発行していただきます。

・お医者様の診察を受けておられない場合は、警察に連絡し、検視を受けてから死体検案書をお医者様からもらいます。

※警察の指示があるまで、ご遺体を動かしてはいけません。

02ご遺体の安置

ご自宅に安置する場合

ご遺体をご自宅に迎えます。

ご自宅に安置する場合

・寝台車でご遺体をご自宅にお連れした後、寝具に寝かせます。

・ご遺体は、北枕もしくは西枕でご安置します。
(宗旨・宗派により異なります)

・枕飾り等の仏具は弊社でご準備いたします。

神棚封じを行います。

・神棚の戸を閉め、白紙を貼ります。

表に忌中の掲示をします。

・弊社係員が持参いたします。近年では、防犯上の観点より忌中紙を貼らない場合があります。

葬儀式場に安置する場合

八光殿では、24時間365日ご自宅には帰らずに、直接お越しいただけるお部屋をご準備いたしております。

・最近では、葬儀式場に直接安置する場合も増えております。

03宗教者様への連絡

宗教者様に連絡します。

・まず一報を入れ、故人様の氏名、安置場所を連絡し、 仏式の場合は枕経に来ていただくように依頼します。

・枕経の際には、服装は地味なもので、念珠を準備しておきましょう。

宗教者様と日時等の打ち合わせをします。

宗教者と日時等の打ち合わせをします。

・通夜、お葬式、お骨上げ、初七日法要などの日程を決定します。
(火葬場・式場等の都合にもよります。)

・宗教者の人数などを決定します。

・特に戒名や院号に希望がある場合、その事を依頼しておきましょう。
先祖の位牌を参考にお考えください。

04お葬式内容の決定

喪主様を決定します。

喪主を決定します。

・一般的には、故人様と最も近親の方が喪主様を務めます。

・喪主様はお葬式の主催者様です。
遺族代表として弔問を受けなければなりません。
また納骨・年忌法要なども責任を持って務める必要があります。

通夜・お葬式を行う場所を決定します。

・八光殿、ご自宅、お寺、集会所など、ご希望に応じた式場をお選びください。

お葬式の内容、規模を決定します。

・故人様の地位、格式、弔問人数などを元に お葬式の内容や規模を決定します。

・専属の担当者がお伺いしますのでお葬式に関するご要望をご遠慮なくお伝えください。

遺影の原版をご用意ください。

・故人様が、鮮明に写った写真をご用意ください。

・紋付、モーニングなどに着せ替えもできますが、普段着の写真を飾る方も増えております。

05関係者様への連絡

通夜・お葬式の日時・場所が決定したら親類や友人に連絡します。

関係者への連絡

・特に親しかった人には、直ちに知らせます。

・会社関係については、上司など中心となって連絡してもらえる方に依頼するとよいでしょう。

06納棺

故人様の愛用品を御棺に入れます。

納棺

・御棺には故人様がご生前に愛用されていた品物を一緒に入れます。

※火葬場によって異なりますが、副葬品としてお入れできないものがあります。
弊社係員にご相談ください。

07通夜

読経と焼香

・宗教者様の読経中に焼香の案内をさせていただきますので喪主様から順に焼香していただきます。

・読経終了後、引き続き宗教者様から法話などがある場合があります。

※宗旨宗派や地域により異なります。

お葬式の準備

・焼香順位の作成、弔電の整理を行いましょう。

※読み間違いのないように、ふりがなをお願いいたします。

・精進落とし(仕上げ料理)などの数量の確認を行いましょう。

通夜の意

本来、通夜は故人様の枕元で、親しい人々が故人様のご遺徳を偲び、思い出を語りながら、夜を通して(徹夜)線香のお守りをしたものですが、最近では、宗教者様の読経に合わせて、焼香して帰るような風習になっております。

  • 焼香の作法
  • 献花の作法
  • 玉串奉奠の作法

08葬儀告別式

式次第

①参集 写真撮影

②お葬式の流れのご説明

③開式(宗教者読経)

④弔辞・弔電の拝読

⑤遺族・親族の焼香

⑥会葬者焼香

⑦閉式

※葬儀の規模、宗旨宗派や地域の習慣により、内容が異なる場合があります。

09お別れ・出棺

最後のお別れをします。

お別れ・出棺

・喪主様から参列者様にお礼の挨拶を述べます。
司会者が代行させていただく事も可能ですので、係員にご相談ください。

・供えられていたお花をお切りし、御棺に入れていただき、お別れをします。

・お別れが済みましたら、御棺を近親者様の手により霊柩車にお乗せし、火葬場へ向け、 出棺いたします。

  • 喪主様の挨拶

10火葬と精進落とし

火葬場で納めの式を行います。

・宗教者様の読経が始まったら焼香または最後の対面をします。

※火葬場により作法が異なります。

精進落とし(仕上げ料理)

・喪主様がお礼の挨拶を述べ、故人様を偲んで精進落としを行います。

やめよう飲酒運転

弊社では、車を運転される方や未成年の方への酒類の提供は行いません。

11お骨上げと初七日

火葬の後、お骨上げをします。

お骨上げの作法やお骨箱などは、火葬場や地域の風習により異なります。

分骨について

・ご遺骨の一部を別のお墓に埋葬する事を分骨と言います。

・あらかじめ分骨する事が決まっている場合は、 その旨を弊社係員にお伝えください。
お骨箱や分骨証明書などの準備が必要になります。

初七日法要

初七日法要

・初七日法要は、亡くなった日、もしくは亡くなった日の前日から数えて七日目に行いますが、最近ではお葬式の日に行うことも多くなりました。

※地域により異なります。

・八光殿では、初七日法要を営むお部屋を完備しておりますので、移動の手間を掛けずに初七日法要が行えます。

お葬式のマナー動画はこちらから
  • 八光殿エリア選択
  • 八尾エリア
  • 四条畷・大東エリア
  • 東大阪エリア
  • お急ぎの方はこちらから
  • 事前相談はこちら
  • 無料資料請求はこちら
  • お葬式の流れ
  • お葬式後の流れ
  • お葬式のマナー
  • よくあるご質問
  • ご相談サロンのご案内
  • 追加料金0円システム
  • 八光殿3大安心制度
  • スタッフブログ
  • 八光殿コーポレートサイト
  • 八光殿お葬式紹介制度
  • 物故者追悼式
ページトップへ戻る