八尾・大東・四條畷・門真・東大阪のお葬式/ご葬儀は八光殿

八光殿

お電話でのお問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル0120-24-8510
24時間・365日 夜間対応
24時間・365日/夜間対応 フリーダイヤル0120-24-8510
お問い合わせ
セミナー申し込み

新着情報

【八尾エリア】「家族葬のメリット・デメリット」レポート

レポート2016.04.15

こんにちは、八光殿の藤原です。

ここ数年でAI(エーアイ)と言う言葉をよく聞くようになりました。
Artificial Intelligenceと言う言葉の略で、日本語では“人工知能”と呼ばれています。
人工知能とは、コンピューターを使って人間の知能の働きを人工的に実現したもので、
最近では、韓国のプロ囲碁棋士と対戦し、
AIが勝利したニュースが全世界で注目を集めましたね。
そんな中、「教えて!goo」と言うサイトで、
人工知能が恋愛相談に答えてくれると言うサービスが始まったそうです。
膨大な情報を集め、その中から類似した状況とその答えを組み合わせ
もっとも最適な答えを出してくれるそうですよ。
人工知能は情報を集め、どんどん成長するそうですので、
どこまで的確に答えてくれる存在になるのか楽しみですね!

今回は、先日八光殿南植松で開催致しました
「家族葬のメリット・デメリット」のレポートをお伝えさせていただきます。

講師は
厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクターの資格を持つ
若林治也と藤原庄平が務めさせていただきました。

002

セミナーでは「もしもの時」が訪れてしまったとき、
家族葬を行う際のメリットとデメリットについてお話しさせていただきました。

さて皆さま、「家族葬」についてどの様なイメージをお持ちでしょうか?

“家族だけでゆっくりとお別れが出来る。”
”お参りの方の接待や挨拶などに気を遣わなくてすむ。”
”費用がやすくなる” などでしょうか?

上記した内容も決して間違いではありません。
しかし、メリットもあればデメリットがあるのも事実です。

そこで今回のセミナーでは、家族葬とはどのようなものかと言った説明や
実際にお葬式の担当をする中で経験した出来事をお話しさせていただきました。

まず家族葬についての定義は無いと考えております。
親族10名様でも家族葬ですし、親族50名様でも家族葬です。
参列される友人が居ても居なくても、お葬式を行われる喪家様が
「家族葬」と言えば“家族葬”になってしまうからです。

そして家族葬のデメリットもご説明させていただきました。

家族葬で執り行うと聞けば、聞いた方にすれば行きたくても行けなくなってしまいます。
故人様を見送りたい気持ちは決して親族様だけでは無いという事です。
家族葬で行い、故人様と親交のあった様々な方のお参りをお断りしてしまうと
その関係を断ち切ってしまう可能性があります。

また、来ないと思っていた方々が参列され、
結果的にそちらの対応に追われる事になったと言う方や、
家族葬で執り行った結果、49日(満中陰)まで
お参りが絶えなかったと言う方もいらっしゃいます。

以前、私が担当させていただいた喪家様は、
20名様規模の会館をご利用いただき、家族葬で行いたいとのご意向でした。

しかし、実際に施行させていただくと、故人様の交友関係が広かったために
何と250名もの参列があった事があります。

家族葬を執り行うに際し、適する家庭もあれば、適さない家庭もあります。
家族葬はじっくりとご家族様やご親族様と話をし、考えてから行う必要があります。

仮に家族葬を行う場合は、事前に家族葬で行う旨を伝えておくか
後日、家族葬で行った事を伝えるハガキを送るなどきちんとした対応することなどが
必要であると考えます。

セミナーへご参加いただき
「大切な方を送り出すためにも色々考えて決めないと大変なことになるかもしれないんだと思いました。」
「勉強になり、大変参考になりました。」
「私の所は一般葬しか出来ないなぁ…」など様々なご意見をいただきました。

セミナー後に個別に相談に来られる方もおられるなど、
大変ご満足頂いたセミナーとなりました。
009

セミナーの様子

今後も八光殿では皆様の為になるセミナーを随時開催してまいりますので、
是非、ご参加ください。

八尾市の葬儀・お葬式・家族葬は
八光殿にお任せください。

友の会バナー4