八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市のお葬式・ご葬儀、家族葬は八光殿

新着情報

【八尾エリア】八光殿セミナー「エンディングノートの書き方講座」レポート

レポート2014.11.07

こんにちは、八光殿の廣藤です。
大人になってもガチャガチャってたまにしたくなりますよね。
何が出るかわからない所に魅力があるからなのかもしれませんが…
子供のころに比べ人気があるためか非常にクオリティーが増しています。
最近テレビで放送されるようになった「セーラームーン」。
なんとこのセーラー戦士たちがつけているピアスが
イヤホンチャームとしてガチャガチャに登場したそうです。
イヤホンにつけているだけで、
あたかもセーラー戦士たちのピアスをしているように見える優れもの。
ガチャガチャの人気コレクションの一つとなりつつあるそうです。
他にも珍しいコレクションがたくさんあるので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

さて、今回は先日開催致しました、
「エンディングノートの書き方講座」のレポートをお伝えいたします。

講師は当社スタッフである、
厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査
1級葬祭ディレクター  久保宏司 務めさせて頂きました。

DSC08702
講師の久保です

エンディングノートの書き方をお伝えする前に、
大手旅行会社が「散骨体験」・「霊園巡り」ツアーを開催したという
お葬式や終活の最新ニュースについてお話させていただきました。

さてここからが本題ですが、
今回「エンディングノートの書き方セミナー」では
八光殿オリジナルのエンディングノートを皆様にお配りさせて頂きました。

まず「エンディングノート」とは、
自分の意志や思いを伝えられなくなった時のために、
お葬式や相談などの希望を書き残しておくノートです。
エンディングノートには遺された家族の負担を軽減する「役割」もあります。

今回はエンディングノートの記入例をご準備し
書くときの想いや、考え方を参考にしていただけるようにしました。

最後にエンディングノート書き方のコツですが、
・書き易い所から書き始める
・自分に当てはまらない項目は書かなくてもよい
・メモや写真を貼り付ける
などなど、無理せず書くことが大切となってきます。
また、エンディングノートの保管場所を伝えておく事も大切です。
家族皆様の前で思い出話をしながら記入していくのも良いかもしれませんね。

しかし、注意する点としてエンディングノートには法的な効力はありませんので、
財産や相続に関しては「遺言書」を作成する事がお勧めです。

DSC08698
セミナーの様子

セミナーに参加していただいた方からは
「なかなか始めるきっかけがなかったのですが、
今回のセミナーを聞き、さっそく書いてみようと思います」など
満足していただいたご様子でした。

八光殿ではご希望の方にエンディングノートを無料で配布しております。
ご興味のある方は会館までお越し頂くか、
0120-39-8510までお気軽にお電話下さい!

今後も八光殿では様々なセミナーを開催いたしますので、お気軽にご参加ください。

八尾市の葬儀・お葬式・家族葬は
八光殿にお任せください。

友の会バナー4

葬儀後のアフター

  • 法事・法要のご案内
  • 感謝の遺品整理

ご参列の方へ

  • 供花のお申し込み
  • お葬式のマナー(動画解説)
  • LINE/八光殿LINE@友だち募集中
  • facebook
  • Instagram
  • 経済産業省創設「おもてなし規格認定2019」登録認定
  • 八尾市認定 登録番号 第25-026号
  • 葬祭サービスガイドライン遵守事業所
  • 葬祭サービス安心度調査18年連続最高評価「トリプルA」認定
  • 日本儀礼文化調査協会JECIA「5つ星格付葬儀会社」認定
  • MBMマスターオブビジネスマナー資格を有する企業 認定
  • 日本CSホスピタリティ協会「CS認定企業」
  • CPI

24時間・365日専門スタッフ対応

八光殿

© 2017 hakkoden, Inc. All rights Reserved.