八尾・大東・四條畷・門真・東大阪のお葬式/ご葬儀は八光殿

新着情報

【八尾エリア】「プロに教わる筆ペン字講座」レポート

レポート2014.06.06

こんにちは、八光殿の廣藤です。

みなさん宇宙へ行っておられた若田光一さんが
無事に地球へ帰還されたことは記憶に新しいかと思います。
半年近くもの間宇宙で過ごした若田さんですが、
この間日本人初の船長として活躍されました。
若田さんが船長就任時に
「日本人らしい和の心を大切に相手を思いやり
調和の中からみんなと協力してやっていきたい」と語っておられました。
世界で活躍される方が日本の精神、文化を発信していってくれることは
とても嬉しいことですね。
ぜひ、「和の心」を大切にしていきたいですね。

さて「和の心」に注目しましたが、
「筆ペン字」も「和の心」「和の文化」と言って良いのではないでしょうか。
今回は八光殿南植松で開催しました

  「プロに教わる筆ペン字講座」 のレポートをお届けします。

結婚式のお祝い袋やお香典袋、年賀状と
日常生活で筆ペンを使う事もしばしばあります。
そんな時、誰しも綺麗に文字を書きたいものですよね!
そのような皆さまの声にお応えするべく、
今回は筆ペン習字講座を開催しました。

講師には、一般社団法人「日本書道技術師認定協会」代表理事である、
書道教室「墨庵」の宮田天風先生をお招きしました。

DSC07626
講師の宮田天風先生です

セミナーは、まず筆ペンに慣れるところから始まり、
漢字を書く上での基本となる「太い線」と「細い線」の書き方を練習しました。
漢字は「太い線」と「細い線」を使い分ける事で
美しく見えるそうです!

DSC07629
皆さん一生懸命練習されています。

その後は遂に筆ペン習字の実践です。
最初に練習するのは
夏のご挨拶にはかかせない
「暑中お見舞い申し上げます」という文です。
漢字を書く際のポイントとして、
左側は細く、右側は太くというのが基本だそうです。
そして文字の中の線は細めに書くと形が整い綺麗にみえるそうです。

挨拶文を練習した後は、自分の住所、名前の練習をされてました。
一生付き合っていく名前なのですが、
なかなか自分が納得するように書けないんですよね。
しかし、皆さん自分のお名前のポイントを先生に教えていただいてました。
最後は「御祝」や「御香典」の文字を書いていきました。

参加者お一人お一人が宮田先生に添削して頂き、
それぞれに合った書き方を伝授頂きました。
皆さんとても満足されたご様子でした。

DSC07632
先生に添削していただいているセミナーの様子

八光殿ではこれからも皆さまに役立つセミナーを実施して参ります。
お気軽にご参加下さい!

八尾市の葬儀・お葬式・家族葬は
八光殿にお任せください。

友の会バナー4