八尾・大東・四條畷・門真・東大阪のお葬式/ご葬儀は八光殿

新着情報

【お葬式コラム】新しい供養の形「手元供養」について

コラム2018.06.22

こんにちは、八光殿の廣藤です。

近年家族葬、音楽葬、無宗教葬など様々なお葬式スタイルが選ばれるように、

お葬式後の供養の形も人それぞれのスタイルが選ばれています。

 

その一つが「手元供養」です。

「手元供養」とは、遺骨の一部をご自宅や身近な所に置いて故人様をお偲びする供養です。
​ご自宅で供養することから別名「自宅供養」とも言われています。


「手元供養」は、
「大切な方に近くで見守ってもらいたい」
「大切な方をいつも身近に感じていたい」

そんな「想い」から生み出された新しい供養の形です

 

そんな「手元供養」には様々な形があります。
一つは
ご自宅で供養したいと願う方の「手元供養」です。

大切な方のお骨の一部をご安置できるミニ骨壺や、

お写真と一緒にご遺骨をお納め頂けるフォトフレームなどがあります。
  


また、大切な方といつも一緒に過ごしたいと願う方の「手元供養」もございます。

お骨を納め、身に着けていただく事が出来るネックレス指輪念珠

この他にも大切な方のご遺骨をダイヤモンドにする

「メモリアル・ダイヤモンド」と言うものもあります。
  


しかし「手元供養」と言う新しい供養の形が出来たのはここ十数年程の間です。
その為、ご親戚様に受け入れてもらえなかったと言ったお話を聞く事もあります。

そうならない為にも、こうした供養に関しては

皆様でよくご相談されてから決めることが大切となってまいります。

「手元供養」のご案内は動画にて分かりやすくご説明させて頂いております。
ぜひご覧下さい。
こちら

 

また近鉄八尾駅下ペントプラザにある「八光殿ご相談サロン」では、

「手元供養」のメモリアルショールームがあり、
手元供養の品を多数展示させて頂いております。

実際「手元供養」をご覧いただいてからお供養をどうされるか

お考えいただく事も出来るかと思います。
 

​八光殿ご相談サロン

 

形式にとらわれないご家族様のライフスタイルに合わせた

それぞれの供養の形を八光殿ではご提案させて頂きます。

 お供養に関してのお悩みや疑問はぜひ八光殿へご相談下さい。

八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市の
​葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。