八尾・大東・四條畷・門真・東大阪のお葬式/ご葬儀は八光殿

新着情報

「第一回 八光殿 厄除け祭」開催のお知らせ

お知らせ2019.01.20

こんにちは、八光殿の常政です。

今回は、八光殿八尾中央で開催する
『第1回 八光殿 厄除け祭に関してお知らせを致します。

「第1回 八光殿 厄除け祭」
開催日時:2019年2月3日(日) 9時~12時
     
厄払い神事』9時30分~10時
開催場所:八光殿八尾中央
(大阪府八尾市清水町1-4-40)
費用:無料
電話:0120-39-8510


日本には古くから残る風習として厄除け祈願というものがあります。
「厄年」といわれる年齢には、良くないことが訪れやすいといわれています。
また「厄年」の歳に災いが多いと言われるのは、
この歳頃が肉体的な変調や社会的な転機の時である、
『人生の節目』と考えられていることも大きいそうです。

この様な時に、神社仏閣にて厄除けの祈祷を受けて自ら心を引き締め、
誓いと覚悟を新たにするために厄除け祈願を行うことが良いとされています。

平成31年厄年の早見表(年齢は数え年)です。
「数え年」とは年が変わり、
誕生日が来るまでは満年齢に2歳、誕生日が過ぎれば満年齢に1歳を加えて計算した年齢を指します。

厄年の中でも男性は42歳、女性は33歳が「大厄」とされています。


今回八光殿では八尾市本町にある八尾天満宮 菅尾龍太 宮司にお越し頂き
厄払い神事を行って頂くことになりました。


八尾天満宮 菅尾龍太 宮司

当日は9時から受付開始、
9時30分から「厄払い神事」を行う予定となっております。

「厄払い神事」にご参加頂いた方先着200名様には
八尾天満宮様の「お守り」を贈呈いたします。

贈呈するお守りです。

その後、厄除け神事にご参加頂いた皆様にはお餅をついて頂きます。
皆様についていただいたお餅は、「厄除けぜんざい」に入れて召し上がって頂きます。

もともと関西地方では厄除け祈願の他「厄除けぜんざい」を食べる習慣があり、
「厄除けぜんざい」を振舞うことで「厄落とし」するという風習があるそうです。
「厄除けぜんざい」の小豆の赤は福をもたらす陽の色とされていました。
そこで厄年の方が正月から節分の間に親しい人には
「ぜんざいを食べてもらう」=「自分の厄も一緒に平らげてもらう」のだそうです。

こうした催しの他にも「厄除け祭」では、
冠婚葬祭総合コンサルタント 戌亥正三郎様にお越し頂き
厄年についてお話し頂く八光殿セミナーを開催するほか、
祭壇・葬儀備品の展示、事前相談コーナーを設けさせて頂きます。


ぜひ厄年の方にはご参加頂き、1年の息災をご祈念頂きたいと思います。
*申込みは八光殿ホームページ『こちら』からもお申込み出来ます。

「厄除け祭」には厄年の方だけでなくどなた様にもご自由にご参加頂けます。
ご家族様、ご友人様、ご近所様お誘いあわせの上、ご参加下さい。

皆様のご参加心よりお待ちしております。

八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4 花のやすらぎ会員