八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市のお葬式・ご葬儀、家族葬は八光殿

新着情報

【お葬式コラム】お世話になった方をしっかりお見送りしたいから…富山市のしきたり

コラム2020.05.16

南北にのびる日本列島の中心、本州の中央北部に位置する富山県。その県庁所在地である富山市の一部のエリアでは、お亡くなりになると「しきぶり」と呼ばれる訃報のご案内をご近所に配るしきたりがあるそうです。

このしきぶりには、故人のお名前や年齢、住所、喪主名、亡くなられた日、お通夜とお葬式の日時、町内送迎バスの配車場所・出発時間などが掲載されるそうで、用紙はB5サイズが一般的。配り方はエリアによって様々ですが、町内会長や班長が配るケースも多いようです。

 

また、富山市では、「新聞のお悔やみ欄」に出される場合、掲載料は新聞各社とも無料となっているそうです。(新聞広告、通称:黒枠については、有料となります。)この新聞のお悔やみ欄は、お葬式の前に、故人のお名前や年齢、住所、喪主名、亡くなられた日、お通夜とお葬式の日時、場所などが掲載されるようです。

 

掲載を希望されない場合は、もちろん掲載はされません。

家族葬の場合は、お葬式の後に「葬儀は終了しました」という通知を掲載するのが一般的。なお、直葬(火葬のみ)の場合は、お悔やみ欄に掲載することは少ないようです。

このしきたりには、亡くなられた方を悼み、皆で送り出そうという想いが込められているそうです。

しばらく疎遠になっていたとしても、お世話になった方に感謝の気持ちを込めて、最期にきちんとお見送りをしたい、そんな気持ちに応える、大変ありがたいしきたりではないでしょうか。

 

八尾市・大東市・四條畷市・門真市
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。





花のやすらぎ会員

 

葬儀後のアフター

  • 法事・法要のご案内
  • 感謝の遺品整理

ご参列の方へ

  • 供花のお申し込み
  • お葬式のマナー(動画解説)
  • LINE/八光殿LINE@友だち募集中
  • facebook
  • Instagram
  • 葬祭サービス安心度調査18年連続最高評価「トリプルA」認定
  • 日本儀礼文化調査協会JECIA「5つ星格付葬儀会社」認定
  • 日本CSホスピタリティ協会「CS認定企業」
  • MBMマスターオブビジネスマナー資格を有する企業 認定
  • 経済産業省創設「おもてなし規格認定2019」登録認定
  • CPI

24時間・365日専門スタッフ対応

八光殿

© 2017 hakkoden, Inc. All rights Reserved.