八尾・大東・四條畷・門真・東大阪のお葬式/ご葬儀は八光殿

八光殿

お電話でのお問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル0120-24-8510
24時間・365日 夜間対応
24時間・365日/夜間対応 フリーダイヤル0120-24-8510
お問い合わせ
セミナー申し込み

新着情報

【お葬式コラム】お葬式を知る前に!!知っておきたい年中行事「節分」

コラム2017.02.01

こんにちは、八光殿の廣藤です。

「鬼は外‼福は内‼」大きな声が家々から聞こえてくる日。
そう2月3日「節分(せつぶん)ですね。
節分の日と言えば…「豆まきの日」とか、「恵方巻を食べる日」など
そんな答えが返ってくるのではないでしょうか。

今回はもう少し詳しく「節分」に関してご説明させて頂きます。

「節分」と言えば2月3日と思われている方が大半ですが、
実はこの日が「節分」と決まっているわけではないそうです。

「節分」には季節の変わり目季節を分けると言う意味があります。
ここでいう季節は暦上の
『立春・立夏・立秋・立冬』を指し「節分」はこの季節の
前日を言います。
その後時代が下ると共に

『立春』の前日を「節分」と指すようになりました。
立春はその年により、日にちが変わるそうで数年後には「節分」の日にちも
2月3日ではなくなるそうですよ。

昔は季節の変わり目には
「邪気=鬼」が生じ人々に災いをもたらすと考えていました。
その為、邪気や鬼を追い払うための行事が行われるようになりました。

節分のルーツとなった行事と言われているのが
平安時代の宮中行事
鬼払いの儀式
「追儺(ついな)と言われています。

鬼の仮面

現在では、寺社では追儺式が行われている所がある他、
家では子供たちが鬼に捕まらないように一生懸命豆を投げていますよね。
その後1年間の無病息災の願いを込め
自分の年齢の数(もしくは年齢に1つ加えた数)だけ、豆を食べます。
また、邪気を家の中に入れない為に出入り口の所に
柊の枝に鰯の頭を刺したものを飾っておきます。

豆まきの掛け声は「福は内、鬼は外」が一般的ですが
地域によっては「福は内、鬼も内」など
地域独自のやり方が様々あるそうですよ。

皆さんの地域ではどのようなやり方で節分を過ごされているのでしょうか。

八尾市のホームページでは八尾市本町にある八尾天満宮で行われる
「追儺式」が掲載されています。
鬼を退治して無病息災を願う伝統行事として行われているようですよ。
八尾天満宮以外にも節分の行事が行われている様なので、
お調べになってみてはいかがでしょうか。

まだまだ寒い時期が続き、風邪が流行る季節です。
節分で邪気を追っ払い、元気に過ごしたいものですね。

節分

八尾市・大東市・四條畷市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4