八尾・大東・四條畷・門真・東大阪のお葬式/ご葬儀は八光殿

コラム

家族葬のニーズが増えている理由

故人の意向を踏まえて

現代においては、葬儀の形が変わってきています。
昔ながらの参列者の多い葬儀が徐々に減りつつあり、いわゆる家族葬を選択する人が増えています。商人の町として歴史のある大阪でもそれは例外ではありません。
その第一の理由として、故人の意向をくんで葬儀を行いたいと考える人が増えた点が挙げられます。近年では自分の死に対して、あまり大げさにしてほしくないという人が増えています。従来の葬儀を行うことは参列者への義理を果たせるという大きな利点があり、身内の矜持を保つことができます。
しかしその葬儀は故人の望んでいる形とはならないことも留意する必要があります。また、故人と直接的な関係はない、知人を介しての関係である人がわざわざ葬儀に参列することもしばしばあります。それらを良しとしない故人の意向を満たせるよう、家族葬が行われることがあります。
さらに時代の変化とともに遺書をしっかり残す人や、遺書とまでは言わずともエンディングノートを書いている人が増えてきました。
そのため、昔に比べて故人の意思や気持ちといったことが残された家族などにとってもよく分かるようになってきており、そのことも家族葬が増えてきている理由になっています。
大きな葬儀ではなくこぢんまりとした葬儀を行ってほしい旨がエンディングノートなどに書き残されていると、遺族は故人の意向をくんで行いたいと考えるようになります。遺書やエンディングノートを書くことが普及すると、今まで以上に家族葬の需要が増えていくと予想されています。

親族と関係者それぞれにお別れの時間を確保する

大阪では土地柄からか、故人の交友関係が広く大きい場合がよくあります。
この場合には家族葬という選択はしづらくなりますが、逆に参列者数の多いことが予想され、身内で行う葬儀とそれ以外の人のための葬儀を分けて行うスタイルが増えています。まず身内だけでの葬儀を行い、後日あらためてお別れの会などを行う方式です。
例えば、故人が企業の社長などの場合、葬儀が社葬になることは避けられません。
親族にとってみると故人は父親であったり祖父であったりする関係性が、社葬のカラーが濃いと社長の葬儀という意味合いが強くなります。
すると、遺族が故人とのそれぞれの関係で満足にお別れができなかったと後悔することになりかねません。その問題を解決するために親族だけの葬儀を先に行うケースが増えています。
遺族それぞれが故人との関係においてしっかりとお別れを行ったあと、故人の社会的立場であった社長としての葬儀を行う運びです。こうすることで親族の気持ちを損ねることなく、同時に故人の交友関係者への義理も果たすことができます。 また葬儀が湿っぽくなるのを嫌う人も多く、通常の葬儀を近親者のみで先に行い、後日お別れ会を行うという流れも採用されることがあります。涙を流す悲しい葬儀を近親者のみで行い、友人たちが後日和やかにお別れ会を行うという形式です。故人の好きな音楽をかけながら友人が楽しかった思い出を語り合うといったこともあります。
テレビのワイドショーなどで有名人が亡くなると、葬儀は近親者のみで執り行い後日故人を偲ぶ会が行われる予定です、などと報道されますが、この場合の近親者のみの葬儀も家族葬であるケースが多いです。亡くなった芸能人が有名であればあるほどこのスタイルがとられる傾向にあります。これはファンへの配慮をするためです。このように身内とそれ以外の葬儀を分ける目的で家族葬が選ばれることが多くなってきています。

金銭的な理由にも配慮

歴史的に商人が多い大阪は、倹約志向の強い人が多いことも特徴の一つです。
それは自分の葬儀においても例外ではありません。大きな葬儀場を使って大きな葬儀を行うと、必然的にかかる費用は大きくなります。故人本人がお金をかけたくないという思いを抱いていた場合、家族葬が選ばれています。自分の死が残されたものに大きな出費をさせてしまうことが忍びないと感じている人は多くいるもので、そのような人は身内だけの家族葬でお金をかけずひっそりと行ってほしいと願っていることがよくあります。
葬儀の規模は大きくなればなるほど費用は膨らみますが、初めから葬儀は身内だけの家族葬で行うと宣言しておくと、葬儀出席者の予想が立ち予算も立てやすくなります。参列者の数が予想できない葬儀の場合であれば予算が立てにくくなってしまい、終わってみないと分からないという恐れもあります。
また遺族に経済的な余裕がなく通常の葬儀を行うことが難しい場合もありますが、余裕がないからと言って葬儀を行わないわけにはいかないものです。故人への思いからしっかり葬儀は行いたいというニーズにも、家族葬の形式であれば応じられることもあります。故人とのお別れを経済的に行うことができるのも家族葬の良いところです。
このようにさまざま理由で家族葬が選ばれています。今後、社会の多様化はますます進みます。そんな中、葬儀というシーンにおいて家族葬の需要はさらに増えていくと予想されています。