八光殿ブログ/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 八光殿ブログ

こんにちは、八光殿の廣藤です。

もうすぐ9月22日秋分の日、「彼岸(ひがん)ですね。
ところで、皆さんは「彼岸」がいったい何で
何故行われているかご存知ですか?
今回は、「彼岸」に関してご説明させて頂きます。

「彼岸」とはサンスクリット語「パーラミター」の漢訳
「到彼岸」の略で『あの世』を意味します。
あの世を「彼岸」一方で『この世』を「此岸(しがん)と言います。

仏教では此岸は東に、彼岸は西に位置していると言われ、
昼と夜の長さがほぼ同じになる春分の日や秋分の日を「中日(ちゅうにち)と呼び、
彼岸と此岸が近づく日と考えられています。
そのため、あの世に近づくこの時期に先祖供養が行われるようになりました。

お彼岸は中日の前後3日間を合わせて7日間。
春分の日を「春のお彼岸」。秋分の日を「秋のお彼岸」といい、
初日を「彼岸の入り」、終日を「彼岸明け」といいます。

秋のお彼岸

「彼岸」の行いは、日本独自の行事であり、他の国では行われていません。
これは仏教伝来後、もともと習慣としてあった豊作祈願や先祖供養が結びつき
「彼岸」が行われるようになったと考えられているからです。

お彼岸には「ぼたもち」や「おはぎ」をお供えし食します。
この二つの違いは、
春のお彼岸の頃に咲く「牡丹」、秋のお彼岸の頃に咲く「萩の花」に例え
それぞれ「牡丹餅(ぼたんもち)」「お萩(おはぎ)」と言われるようになりました。

おはぎ

この時期にはご家族皆様と神棚やお仏壇をお掃除し、
お墓参りされてはいかがでしょうか。

八光殿では、
秋のお彼岸にあたる9月22日(木)午後5時より
お亡くなりになられたご家族様やご先祖様へ
お供えのろうそくを灯す「終然灯(ついぜんあかり)を開催致します。

終然灯の詳細に関してはこちら

ぜひ、この機会にお越しください。

八尾市・大東市・四條畷市・東大阪市の

葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4

ページTOPへ