八光殿ブログ/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 八光殿ブログ

こんにちは、八光殿の廣藤です。

皆さん「灌仏会(かんぶつえ)をご存知ですか。
「灌仏会」とは、
別名「仏生会(ぶっしょうえ)」「花まつり」などと呼ばれ、
日本では4月8日に多くの寺院で行われますが、
関西などでは、月遅れの5月8日に行う所もあるそうです。
お釈迦様の誕生を祝う仏教行事と言う方が
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

もともとこの「灌仏会」は
インドの西域で行われていたものが中国を経て、
日本へ入ってきました。
日本でも奈良時代にはすでに行われていたことが確認でき、
華やかに行われるようになったのは
江戸時代になってからと言われています。

お釈迦さまの誕生については、さまざまな言い伝えがあります。
「母親の脇の下から生まれた」や
「生まれてすぐに7歩歩き、右手で天を、
左手で地を指し、天上天下唯我独尊」と唱えたなどなど。
しかし、実際何年に誕生したかは様々な説があり、
はっきりとは分かっていません。
また、お釈迦さまの誕生を喜んだ天の神(竜王)が、
甘露(かんろ)を降らせて
沐浴(もくよく)させたという伝説もあります。

「灌仏会」では様々な花で飾った小さなお堂
「花御堂(はなみどう)」を作ります。
その中に甘茶を満たした水盤を置き、
誕生仏(小さなお釈迦様の仏像)を安置します。

この甘茶は先程お話しした神々が降らせた甘露を、
花御堂はお釈迦様が生まれたルンビニの花園を
イメージしたものと言われています。

参拝された方は、
柄杓(ひしゃく)で仏像に甘茶を注ぎ、
日々の無病息災を祈願します。
また、参拝者の方には甘茶が振舞われることもあるそうです。
その他にも甘茶に墨を混ぜてすり、
その墨で書いた紙をつりさげておくと、害虫駆除になるそうです。
灌仏会

寺院などではこの日を中心とした前後の期間に
灌仏会にちなんだ催し物が行われている所もあり、
お近くの寺院を調べご家族皆様で行ってみるのもいいかもしれませんね。

八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4

ページTOPへ