八光殿ブログ/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 八光殿ブログ

こんにちは、八光殿の廣藤です。

6月は「衣替え(ころもがえ)」の時期ですね。
最近は気温に合わせて
ご自身で調整されている方も多いとは思いますが、
一般的に言われているのは6月1日、10月1日に
企業や学校では行われている所が多いのではないでしょうか。
「衣替え」は季節に応じて衣服を
冬服から夏服へまた、夏服から冬服へと替えることを言います。
衣替え
「衣替え」は、もともと平安時代の宮中で始まった行事で
春・夏・秋・冬と四季がある
日本特有の習慣と言っても過言ではありませんよね。
そんな日本だからこそ、
今回は夏場のお葬式の喪服に関してお話ししたいと思います。

夏と言っても、基本はやはり前回もお話ししたように
男性は「ブラックスーツ」女性は「ブラックフォーマル」です。
「お葬式の服装」に関しては⇒こちら

男性は夏場でもジャケットを着用し、
女性に関しても肌を露出させる服装はなるべく避け、
長袖や肘より下の長さ(七分袖以上くらい)のワンピースを着用します。
しかし近頃は半袖のワンピースなども
「ブラックフォーマル」として販売されるようになっています。
ただ、会館でお葬式される方が増えたこともあり、
夏場でも冷房が効き半袖だけは少し冷えてしまいますので、
やはり何か羽織れるものをお持ちいただく方が良いかもしれませんね。

そのため、今後喪服を購入する際はオールシーズン用の服などもあり、
そちらを手に入れるのがお勧めかもしれません。
一方、夏用の生地であつらえた服もあり、
季節に合わせてお持ちになっておくのも一つの方法かもしれません。

お子様に関しては、夏用の制服がある場合はそちらを、
ない場合でもカジュアルでない夏物の服を着用して問題ありません。

また故人様に近いご親族の女性の方は
和服を着用される場合があります。
着物の世界では現在も「衣替え」の習慣が守られており、
6月や9月は「単(ひとえ)」を
10月から5月までの寒い時期は「袷(あわせ)」を、
7月から8月までの暑い時期は薄手の着物
「絽(ろ)・紗(しゃ))」を着用すると言われています。

もし夏に和服を着るのであれば、
フォーマルの席にふさわしいと言われている
「絽(ろ)」の着物を着るのが良いかもしれませんね。
image6 image4
絽(ろ)経糸と横糸をからませて織った透き目のある絹織物
image7 image5
袷(あわせ)裏地をつけてしたてた着物

八光殿では、あらかじめご相談頂きますと
貸衣装を手配させて頂くことも可能でございます。
お困りの方は、スタッフや担当者までお声かけ下さい。

お葬式の服装に関して
分からないことがありましたら
是非、八光殿へご相談ください。

八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4

ページTOPへ