八光殿ブログ/八光殿

お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
  1. トップページ
  2. 八光殿ブログ

こんにちは、八光殿の廣藤です。
千葉県でバレーボールから派生した
新たなスポーツが次々と誕生しているのをご存知ですか。
流山市の「ヘルスバレーボール」、
千葉市の「ゴムバレー」、
茂原市の「タッチバレー」と呼ばれるもので、
コートの広さ、ネットの高さ、人数、ボール、ルールも
独自に考案され発展していったようです。
これら「変形バレーボール」は
生涯スポーツとして注目されており、
現在全国大会も開催されているようです。
今後ますますこれらの変形バレーボールは
各地域で浸透していくかもしれないですね。

今回は、八光殿南植松で開催致します
八光殿セミナー
「楽しく分かる終活講座」
をご紹介致します。

自分自身の終末について考える「終活」は、
テレビ、新聞を通してご存知の方も多く、
実際エンディングノートを購入される方、
セミナーを受講される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしいざ「終活」を実践してみると
エンディングノートを書くのが意外に難しく断念したという方や
「セミナーでは難しい話ばかりでよくわからなかった」と感じる方など
なかなか上手く「終活」に取り組めていないのが現実です。

こうした「終活疲れ」と呼ばれる現象までが登場する中、
最近はゲーム感覚で行える新たな「終活」が注目を集めるようになり、
八光殿セミナーでもゲーム感覚(=楽しくわかる)
「終活」についてお話し致します。

講師は、八光殿のスタッフ、久保宏司が務めさせて頂きます。
IMG_2492
講師の久保です。

久保は、
厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査
1級葬祭ディレクターだけでなく、
終活カウンセラーライフコンサルタント
Happy Endingプランナーと言った資格を取得しております。

今回のセミナーでは、
「ハッピーエンディングカード」と呼ばれる
49枚のカードを使用してお話をさせて頂きます。
このカードには、人生の備えや生き方が書かれており、
自分の考えに基づき、そのカードを振り分けていくことで、
セカンドライフをより充実したものにするための
ヒントを見つけて頂けるというものです。
20160919_003915000_iOS
ハッピーエンディングカード

もしもの時に備える「もうひとつの保険」
人生を前向きにする「セカンドライフプランニング」と言われる
「ハッピーエンディングカード」を使い
新たな「終活」を考えてみませんか?
セミナーの様子
セミナーの様子

また八光殿セミナー開催日には、
「八光殿南植松」「リエラ八尾南ホール」見学会も
同時開催致します。
式場・控室などを見学して頂けるほか
ご葬儀や費用のご相談なども承っております。
こちらも合わせて、ご参加ください。
20151220_004550153_iOS
見学会の様子

【八光殿セミナー「楽しく分かる終活講座」】
日 時:平成29年11月19日(日)

時 間:10時~11時30分
【見学会】
日 時:平成29年11月19日(日)
時 間:10時~14時

南植松

場 所:八光殿南植松(八尾市南植松町4-141)
電 話:0120-39-8510 

八尾市の葬儀・お葬式・家族葬は
八光殿にお任せください。

友の会バナー4

こんにちは、八光殿の廣藤です。

皆さん「萌え断」と言う言葉をご存知ですか。
「萌え断」とは、
食べ物の美しい断面を見て萌えてしまうことを意味し、
この「萌え断」に関するSNS投稿件数は
この数か月の間に確実に増えているそうです。
「萌え断かまぼこ」や「萌え断コロッケ」など種類も様々です。
そしてこの「萌え断」ブームを受け
伊勢丹新宿店ではクリスマスケーキのカタログ写真を
全て断面尽くしである断面カタログで作成したそうです。
食べて満足だけでなく目で魅了するこの「萌え断」。
まだまだ「萌え断」ブームは続きそうですね。

さて今回は、
10月19日リエラ八尾北ホールで開催致しました、
八光殿セミナー『はがき絵教室』のレポートをご報告致します。

講師には、
一般社団法人 日本書道技術師認定協会 理事
書道教室 墨庵 八尾・長吉長原教室 主宰
若宮 千風 様

書道教室 墨庵 八尾・長吉長原教室 教師
宮内 風采 様

お二人にお越し頂きました。
若宮先生  宮内先生
(左)若宮先生(右)宮内先生

今回は水彩絵の具を使用し、
来年の干支である「戌(いぬ)」をテーマにした
はがき絵を作成致しました。
常政の拙作
講師の先生からのご指導のもと、
筆の濃淡を上手く使いこなし皆様真剣に取り組まれておりました。
はがき絵教室2

セミナー終了後、ご参加頂きました皆さんからは、
『とても楽しかったので、また来たいです。』
『今年の年賀状作成で挑戦しようと思います!』
などの嬉しいお声を頂戴しました。
講師 若宮先生 はがき絵教室
セミナーの様子

これからも八光殿では、
様々なセミナーを行って参りますので
ぜひお気軽にご参加下さい。

八尾市の葬儀・お葬式・家族葬は
八光殿にお任せください。

友の会バナー4

こんにちは、八光殿の廣藤です。

最近は終活の一環として
「遺言書」を作成する方が増えているようです。

お葬式が終わると
ご遺族様に待っているのは様々な手続きです。
その一つ「相続」には頭を悩まされる方も多いそうです。
この相続問題に際し「遺言書」は重要な役割を果たしてくれます。

そこで、今回は「遺言書」に関して、
お話しさせて頂きます。
書類

「遺言書」とは遺産相続をスムーズに進めるために
遺産分割方法などを記しておくもので、
相続人同士の間でトラブルを起こさないために
作成されることが多くなっております。

一般的な「遺言書」は3種類あります。
① 公正証書遺言
法的強制力、信用力がある遺言書です。
公証役場で証人2人以上の立会いのもと、
遺言書内容を口述したものを公証人が聞き取り作成します。
原本を公証役場で保管しておくため、紛失・偽造の心配がありません。

② 自筆証書遺言
全て自筆で記し、署名、押印して作成します。
手軽に遺言書を作成することが可能で、
作成する際に証人も必要ありません。

③ 秘密証書遺言
遺言者が署名押印した遺言書を封印し、
公証役場で公証人と証人2人にその遺言書が
間違いなく本人のものであることを証明してもらいます。

上記のうち遺言書として効果が期待されているのは、
① 公正証書遺言だそうです。
遺言書は書式や要件について様々なルールがあるため
② ③のように自分で作成した場合、内容に不備があり、
無効となる事があるそうで、注意が必要です。

また、「相続でもめるのは大金持ちでしょう。だから、うちは大丈夫。」と
おっしゃる方は多くいらっしゃいます。
しかし、実際相続トラブルの4分の3が
5000万円以下で起こっているそうです。

遺されたご家族様同士でトラブルが発生しないためにも
少し「遺言書」に関して考えてみるのも良いかもしれませんね。
遺言書作成

八尾市・大東市・四條畷市・門真市・東大阪市の
葬儀・お葬式・家族葬は八光殿にお任せください。

友の会バナー4

ページTOPへ